目の前が大きな公園なので、1回犬の散歩に行くと、最低10頭くらいの犬に会い、
飼い主さんと会話します。
ぶっちゃけ面倒くさいです(笑)
が、犬のためには良い社会生活なので、できるだけ毎日多くの犬に会わせます。
そんな毎日のお散歩で気づいたこと。それは、小型犬の飼い主と大型犬の飼い主の違いです。
(私は現在小型犬の飼い主ですが、これまで20年以上大型犬の飼い主でした。)
小型犬の飼い主は、「何歳?メスオス?」「洋服かわいいねー」などと相手を褒め、お互いに褒めあいます。
それで必ず名前を聞いてきます。

Read More →

費用面や恥ずかしさなどの理由で毛抜きでムダ毛処理をしている方も多いものです。腕や脚の脱毛については痛みもなんとか耐えられるものですが、デリケートゾーンやワキなど、肌が敏感な部分については、抜くときの痛みがとても強く感じられます。また、抜くことを繰り返しているうちに毛穴の周りが赤く炎症を起こしてしまったり、次に生えてくる毛が皮膚の中に埋もれて生えてしまうこともあります。

こうした状態を長く続けると色素が沈着して黒ずんで見えたり、肌が荒れるなどトラブルにつながることがあります。自己処理は手軽ですが、肌の状態が悪くなると続けることに不安が出てきますし、費用面も含めて手軽な方法があれば他の方法に変更したいものです。
Read More →

幼い頃から身体中結構な剛毛で、物心ついてからはお風呂場で剃っていた。かみそりで剃ると、すぐ生えてきてチクチクして痛いし、大して綺麗に剃れないし、かみそり負けしたワキに制汗スプレーをすると染みて痛くて、いつも泣いていた。

そのうち毛抜きで1本づつ抜いていたが痛いし広範囲なのでまったく追いつかず。夏場はノースリーブ等着てみたかったが、あまりにも酷いので、いつもワキが見えない服を着ていた。ワキを堂々と見せてお洒落している子が本当に羨ましかった。
そんな私にも彼が出来た。でも正直いつも憂鬱だった。いつこの酷い身体がバレてしまうのだろうと夜も眠れないくらい辛かった。かといってエステに行くお金なんてないし、この剛毛はエステの人にだって見られたくないくらい凄かったので、家でも誰にも相談できないでいた。私が毎日泣いていたので、母が心配したらしく何があったのか聞かれた。恥ずかしかったが打ち明けた途端、何か持ってきた。「何でもっと早く言わないの!」とちょっと怒りながらそれを渡された。 Read More →