今回は、私が実際にダイエットを行って4キロの減量を成功させた事例をご紹介します。
減量するには食事を制限しなければならない、だとか運動をしようなど様々な説がありますが、私が行ったシェイプアップはまさにその王道をしっかりと行って成功できました。
ダイエット前は毎日の食事メニューは気ままに状況に併せて食べるだけで、どんな栄養を摂って何キロカロリー摂取したのかなどは全く把握していませんでした。
また運動についても、なるべく歩くようにしなきゃ!と思ってはいたものの、特筆してハードな運動をしたわけでもなく、ランニングしていたわけでもありません。
気付けば少しずつ筋肉量が落ちて来てしまっていたせいか、体脂肪率は若い頃と比べて上昇して、体重も少しずつ増えてしまいました。
若い頃のベストの体重よりも4キロも太ってしまった結果、少しゆるい印象を与える体型や顔つきになってしまったと感じていました。

これではいけない!と思って、食事と運動の見直しを始めることとなりました。
まず、毎日の食事メニューの改善を進めて行きました。

ダイエット中の食事メニュー


朝食べていたパンをお米などに切り替えました。栄養学に関する様々な文献を見た所、お米はパンよりも糖質が低いということを知りました。
パンが好きなのでパンを食べる機会が多かった私は、まずここから始めました。全く食べなくなったのではなく、毎朝のパンをお米に切替えたという感じです。
糖質を完全にカットしてしまうのも良くないということを学んだので、以前と比べて制限するようにした、という感じです。

ご飯と卵と納豆に加えてヨーグルトを食べるときが多いです。
ご飯の準備ができないときは野菜のスムージーなどを飲んで代用することもあります。

朝ごはんでは、ヨーグルトを欠かさないようにしていました。多種多様な乳酸菌や他の菌なども取り込みたいと思っていたので、乳酸菌、ビフィズス菌、R1乳酸菌など様々な商品をチェックして気になるものを試していたと言う感じです。ただ、昔から乳製品を摂取するとおなかがゆるくなりやすい体質だったので、少し不安はありましたがなんとか続けられました。

次に改善に着手したのは昼ごはんです。
実はこの昼ごはんがなかなか厄介です。
同僚と一緒にご飯を食べに行くときもあるので、このときはお店選びが意外と大変です。
同僚がラーメンを食べたい!と言い出すと、自分のらーめんを食べなければならないのでかなりカロリーを摂取してしまうことになります。
なので、ダイエット中だということを宣言して、コンビニでローカロリーの食材を購入してお昼ご飯として食べたり、時間に余裕があるときはお弁当を作ったりもします。
食べるメニューは、野菜と鶏肉のササミなどが中心です。
あと、ビタミンが豊富なフルーツなども食べるようにしました。
なるべくローカロリーのものを食べつつ、大豆料理などでたんぱく質を積極的に食べるなど意識しました。
ご飯などの炭水化物も食べるので、きっと1食あたり400Kcalくらいは食べていたと思います。
ランチはこのようになメニューの改善を行いました。

夕食は、自宅で1人で食べるので周りに合わせるという心配もありません。ですが、1人だからこそ美味しくて重いものが食べたくなったりもしてしまいます。
ダイエットを始めると同時に、私は体のむくみも排除して行きたいと考えていたので、塩分の摂取を控えることを意識したよく生活に変更しました。

塩分を摂取し過ぎると、体は余計に水分を溜め込んでしまうということを知ったので、普段からしょっぱいものが好きな私は塩分をなるべく制限するように変化させていきました。

お酒を飲みにいくことも多いですし、居酒屋などで出される料理を食べることも多いので、なるべく塩分が多くない食べ物を食べるようにしました。
具体的には、居酒屋さんでもサラダや温野菜、豆腐料理などをメインにすることにしました。
たまにお酒の後に食べるラーメンなども止めました。
このように切り替えたことで、塩分を過剰に摂取する食生活が改善され、以前と比べて塩分が強い食べ物が食べられるなくなるほどでした。
それまで私はどれだけ塩加減が強いものを食べてきたのだろう?と振り返りました。

しかし、週末ともなると、1人で家にいるとアイスなどのスイーツが食べたくなってしまいます。
アイスはカロリーも高いですし、ケーキなども糖分もカロリーも多い食べ物です。
そこで私は甘いものが食べたくなったら、果物を食べるように切り替えました。
果物の中でもビタミンが豊富なものをチョイスしました。キウイやリンゴなどでも十分甘さを体感できるのでそこまで苦にならなかったです。
このように毎日の食生活を切り替えることに加え、今までとは違う生活スタイルを取り入れました。

出かけたとき、駅やデパートなどではエレベーターやエスカレータを使わず、時間に余裕があるときは階段を使うようにしました。
これがかなり大変です。ですが、大変な分。相当な運動量を稼げたように思います。
当初、階段を連続で3階分を登るだけで太ももが痛くなったり、息が切れるような状態でしたが、1ヶ月も経過するとなれてきます。
きっと体に筋肉が備わってきたのだと思います。
体に筋肉がついたことで、次第に基礎代謝量も上昇して痩せやすくなったのではないかなと感じました。

そのように生活スタイルをすこし変化させることで、体が軽く感じるようになったと言えるほど、快適な体を手に入れることができました。

まとめ

ライザップなどのマンツーマン指導を受けて、短期間で体重を減らすというトレーニングもとても良いと思いますが、なかなかコストがかかってしまうものです。
コストを抑えながらもダイエットをするには、やはり現在の自分の生活を見つめ直すのがよいと思いました。
毎日何気なく食べているものや、何気なく過ごしている時間を少し変化させることで、過度なダイエットではなく、自然に少しずつ体を変化させていけるのだと思いました。
実践していくたびに、体重が落ちていくことに加え、歩くことも仕事に出かけるときも、遊ぶときも様々な行動においてパワフルに過ごせる気がしています。
体の基礎力を高めることで仕事やライフスタイルにも良い影響があると実感できたので、まず自分ができることから少しずつ改善するのがよいと思います。
ちょっとずつ変化を加えていくことで、最初は慣れない行動も習慣化していきます。
習慣化できた行動は普段から行えるので楽になります。それに加え、新しいアクションを加えることで更にダイエットを進めることができます。
ダイエット成功までの道のりは、少しずつ着実に、を合言葉に実践していくのが良いのではないでしょうか。
以前の私と同じ様な悩みを持っている方は是非試してみて頂きたいです。

おすすめのダイエット食

ダイエットにはカロリーコントロールがおすすめと前述しましたが、自分で決めたダイエットメニューでは心配、という方は、カロリーが低い食事を宅配してくれる宅配食がおすすめです。
食事に使われている食材も表にしてくれていますし、カロリー量や栄養も項目ごとに記載してくれているので、ダイエット中の栄養管理に便利です。
さらには、冷凍で保存できて、食べるときには電子レンジで温めるだけで食べられるので手軽ですし、賞味期限も数ヶ月と長いので保存にも便利です。
本格的にダイエットを進めたい人には低カロリーの宅配冷凍弁当がおすすめです。
私はもダイエット期間中に使用したのでお薦めです。
特集しているサイトがあるのでご紹介します。

→ 低カロリー食が買えるダイエット冷凍弁当特集

Comments are closed.

Post Navigation